なぜ、バンカーショットでは砂を爆発させる?

グリーンまわりのバンカーショットは、ほとんどの場合「エクスプロージヨン・ショット」、すなわち「砂を爆発させるショット」で対応する。ボールを直接打つのではなく、ボールの手前にヘッドを入れて、砂を爆発させる。その砂が飛び出す力でボールをグリーンに乗せようというわけだ。
しかし、なぜ、そんな方法をとらなければならないのか、あなたは、その理由について考えてみたことがあるだろうか。

たとえば、ふつうのアプローチのようにボールをクリーンに打ってもよさそうなものだが…。

それでボールがバカーのアゴを越え、思ったところに落とすことができるのなら、じつは誰もがそうしている。実際、ジーン・サラゼンがSWを発明する前まで、プロゴルファーは砂を爆発させずにバンカーショットを打っていたのだ。

ところが、これがきわめて難しかった。当然である。バンカーのなかにあるボールは、程度の差こそあれ、砂のなかに沈んでいるからだ。一見すると砂の上に乗っているようなボールでも、ボールの重さによって数ミリは沈んでいる。

砂に沈んでいるボールをクリーンに打つことは至難の業、というか不可能に近い。クリーンに打とうとして少しでもトップすれば、ホームランになるし、低く出てアゴに当たることもある。SWのなかった昔は、プロもバンカーからの脱出に四苦八苦していたのだ。

そこに登場したのが、SWだった。バンカーショットが苦手だったジーン・サラゼンは、ヘッドの底にバンスのついたウェッジを発明。この、ソールの部分が丸く膨らんだウェッジを、ちょっとフェイスを開いてボールの手前に落とすと、砂が見事に爆発する。その力を利用すれば、ボールは簡単にバンカーから出るというわけである。

かくして、バンカーショットの打ち方は革命的に変わった。ボールをクリーンに打とうと、ボールと砂が接している境界線ギリギリを狙うなんていう、きわめて成功率の低い打ち方をする必要はなくなった。とにかくボールの手前にバンスを落としてやるだけでよくなったのだから。

その落とし場所も、かなりアバウトでいい。ボールの手前3センチくらいにヘッドを落とせば、きれいにスピンがかかるが、5センチくらい後ろでも(かなりのダフリではある)、出すだけ、ならOK。プロは、わざとダフらせて、飛ばないように距離を調整することもあるほどである。バンカーショットが苦手な人は、とにかくボールの手前にバンスを落とすことだけを意識してスイングしてみよう。「砂を爆発させる」というと、ものすごい力がいるような気がするかもしれないけれど、力は不要。肩を回したら、あとはトップにあるSWのヘッドをボールの手前に落としてやるだけでいいのだ。

距離感を云々するのは、まずは1回でボールを出せるようになってからでいい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*