「パッティングにスタイルなし」というけど、原則はある?

振り子のようにストロークするそれがわれわれの考えるパッティングの大原則である。ボールをヒットするのは、パターのヘッドだ。そドの芯にボールが当たり、なおかつヘッドが狙った方向にスムーズに出ていけば、あとはラインの読みとタッチの問題になる。ボールを正しくヒットするためには、ヘッドが振り子のように動くのが一番いい。なぜなら、振り子はつねに同じ軌道を通るからだ。最初に打ち出したい方向にフェイスの向きを合わせたら、あとは手首をこねたりせずに、振り子のようにパターをストロークすれば、押し出したり、ヒッカケたりはしない。

ただし、パターを振り子のようにストロークするためには、ホンモノの振り子がそうであるように支点があったほうがいい。その支点は、パターを持って構えたとき、グリップエンドからさらにシャフトが伸びていると仮定して、その仮想のグリップエンドが身体とぶつかったあたり。上のイラストのように構えている人なら、だいたい鳩尾のあたりになる。

じつは中尺パターも長尺パターも、パターのグリップエンドを身体に固定させる(アンカーリング=錨を下ろす=固定させる意)ことで、そこを支点としている。こうして実際に支点をつくってしまえば、それだけ振り子のようにストロークしやすくなるのも道理だろう。

難点は、グリップを両手で握っていないためタッチが出しづらいということ。ただ、ストロークしようとすると手や腕が固まってしまうイップス気味のゴルファーには、中尺や長尺パターはオートマチックに振り子式のストロークができるから人気がある。とくにシニアに愛用者が多いのは、ゴルフ歴の長いゴルファーは、パットの怖さを知っているため、イップス気味の人が多いからだ。

それはともかく、ふつうのパターの場合、実際に支点を固定させることはできないけれど、グリップエンドからシャフトが伸びて、鳩尾のあたりに当たっているという意識があれば、そこが支点になりうる。

鳩尾が支点。そういう意識があれば、両手はグリップではなく、中尺パターでいえばシャフトの途中を握っている感じになる。ギュッとは握れないはずである。ギュッと握ってしまっては、振り子のヒモの真ん中からやや上を握ってしまうことになり、スムーズな振り子の動きを妨害してしまう。

振り子の鐘(パターのヘッド)がスムーズに動くためには、グリップはソフトに。ヘッドの重さが感じられる程度の握り方でなければならないこともおわかりのはずだ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*