なぜ、グリップは緩く握ったほうがいい?

グリップを握るときの強さ(グリッププレッシャー)については、昔から「小鳥を両手で包み込むときの強さ」とか「子どもの手を引くときの強さ」などという。もっと具体的に「思いっきり握りしめたときの力を心とすると、2か3くらいの力」のようにいわれることもある。

グリップを強く握ると、前腕の筋肉が硬直するだけでなく、肩周りの筋肉も硬直する。これでは、バックスイングでスムーズに肩が回らない。おまけに、腕には力が入っているから、身体は十分回っていないのに、腕の力だけでクラブを振り降ろそうとする。これはもう最悪のスイングで、飛距離も出ないどころか、ボールがどこに飛んでいくのかもわからないということになる。グリップは緩く握ってこそ、ヘッドが走り、飛距離も出ることを忘れてはならない。

グリップを緩く握るのは、ボールをミスヒットしたとき、とっさに対応できるということもある。上級者になると、スイングで身体が先行したり、
体が起きてしまったとき、反射的に手首を返すことで、ボールが右にプッシュアウトしないようにしようとすることがある。

まさにコンマ何秒という世界での対応なのだが、こんな器用なことができるのも、グリップを緩く握っているから。もしグリップを強く握っていたら、とっさに手首を返すなんていう芸当はできない。「逆にいえば、手はそれくらい器用で賢いということでもある。もちろんスイングにおいて手打ち、はミスの大きな原因になるけれど、身体がミスをしたときは、手が助けてくれることもあるというわけだ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*