なぜ、「手打ちはダメ」といわれるのか?

「手打ちは曲がる、飛ばない」おそらくほとんどのゴルファーが耳にタコができるくらい聞かされてきた言葉だろう。「手打ち」とは、簡単にいうと、身体の回転を伴わない腕を主体としたスイング、あるいは身体は回転していても腕と同調していないスイングのこと。すでに述べたように、ゴルフのスイングとは、まず身体が回り、次に身体の回転に同調して腕が回る。そしてその腕の先にある手が握っているクラブが回転する。いってみれば腕や手には主体性はなく、身体の回転に合わせて振られているだけ、なのだ。これは、よくたとえられるように、デンデン太鼓から伸びている糸と丸い球に似ている。糸(腕)と丸い球(ヘッド)には、太鼓を叩こうという意思はない。ただ、太鼓の軸が回転すると、それに同調して回転を始め、太鼓を8叩く。それも軸の回転と少し遅れてだ。これなど、まさにタメで、なるほどデンデン太鼓は、ゴルフのスイングそっくりである。

手打ちが飛ばない理由は、説明するまでもないだろう。クラブヘッドを動かす最大の動力源は身体(とくに下半身)の回転によって生まれるエネルギーだが、手打ちは身体の回転が足りなかったり、腕の振りと同調していないのだから、エネルギーが少なかったり、エネルギーが効率よくヘッドに伝わらない。これでは飛距離が落ちて当然というわけだ。

手打ちだとボールが曲がるのは、腕を主体とするスイングでは、その都度、スイング軌道が変わるからだ。人間にとって、手や腕はもっとも器用な部位だが、それだけに手や腕に仕事をさせようとすると、速く腕を振り降ろそうとしたり、手首をこねたり、カチ上げようとしたり、ミスショットにつながるさまざまな悪さをやらかしてしまう。

たしかに、腕や手には、ダウンスイングからフォローにかけて肘を畳んだり伸ばしたり、コックをキープしたり解放したりするなどの仕事はあるけれど、それ以上の仕事をさせてはいけない。プロやシングルのなかには、ゴルフのスイングとは、「クラブを上げたら、降ろすだけ」なんてことをいう人もいる。この言葉を字義通り受け取ったアマチュアゴルファーのなかには、「クラブを手で上げ、手で降ろす」となって、ますます手打ちになってしまう人もいるのだが、これはこの言い方が言葉足らずだからだ。この言葉の意味は、「肩の回転によってクラブは自然に上がる。トップからは身体を左回転させながらクラブを自然に落下させれば、セットした位置にヘッドは戻ってくる。すなわち、ボールは真っ直ぐ飛んでいく」ということ。「つまり、「クラブは上げたら、降ろすだけ」という言い方は、最初に身体は右に回転し、次に左に回転するということが省略されているのだ。こんな言い方が生まれたのは、おそらく上級者にとって、身体が回転するということは当たり前すぎるからだろう。ゴルフのレッスンでは、コーチ役が生徒に「はい、ではトップをつくってみて」ということがある。このとき、身体を十分に回転させず、両腕だけを持ち上げることでトップをつくろうとする人がいるのだが、これも身体の回転を忘れている。ドライバーからアプローチまで、ゴルフのスイングはすべて、最初に身体の回転ありき、であることを忘れてはならない。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*