なぜ、トップしてしまう?

トップはダフリとは正反対の理由で起きると思われがちだが、じつは多くの場合、原因は同じ。トップは、ダフリ同様、右肩が下がることによって起きることが多い。
ただ、トップの場合は、「ボールを上げよう」という意識も強く働いているため、右肩が下がるだけでなく、上半身が起き上がってしまっている。よ確にいえば、ボールを上げようとして身体の左サイドが伸び上がり、左り正肩が上がってしまう。つまり、相対的に右肩が下がっているわけだ。いずれにせよ、これではヘッドがボールに届かずトップしてしまうのも当然。ゴルフのビギナーがしばしば空振りをするのも同じ理由で、彼らはボールをひたすら上げようとして、身体の左サイドが、これでもかというほど伸び切ってしまう。そして空振りするわけだ。「プロのアイアンショットがダウンブローでもボールがよく上がるのは、クラブにはロフトがあるから、ロフトのついたヘッドでボールを長く押し込むようにインパクトすることで、十分なバックスピンがかかる。だから、プロのアイアンは2段ロケットのように低く出て、高く上がるのである。「つまり、ボールを上げるのはクラブ(ロフト)の仕事であって、ゴルファーがみずからボールを上げようとする必要はまったくない。トップしやすい人は、実際のボールの先にもうひとつ仮想のボールをイメージし、そのボールを打つくらいのつもりでスイングしてみるといい。

また、中級者以上になると、フェアウエイウッド(FW)でのトップに悩む人も少なくない。頭をポッコンと打って、数十ヤードしかキャリーが出い(ボールはドライブ回転しているので、ランは意外に出る)という、あのトホホな気分になるミスショットである。これには、ふたつの原因が考えられる。ひとつは、力み。FWというのは距離が残ったときに使うクラブだが、距離が欲しいという気持ちが強すぎると、どうしても力みにつながりやすい。

力むと、上腕二頭筋が縮み、左肘が曲がる。これではボールに届かずトップということになる。あるいは、力みが上半身の伸び上がりにつながり、そしてトップというケースもある。

FWを持つとどうしても力む人は、「FWとは、ふつうに当たりさえすれば十分に距離が出るクラブ」であることを今一度、再確認してほしい。

もうひとつは、横から払うような打ち方を意識しすぎてトップしているというケースだ。たしかにFWは「横から払い打て」とか「ソールを滑らせろ」とよくいう。しかし、プロゴルファーのインパクトのスロー映像を見ると、FWもやはり、ヘッドの量、点はポールの先にある介が川御前に奉い。まり、アイアンほどではないにしても、プロはFWをダウンブローで打っているのだ。

ただそれでも、FWはソールが平らだから、「滑らせている」ようなイメージが残る。そのため、「横から払い打て」のようなアドバイスが生まれるのだろう。あるいは、ダウンブローではあっても、ヘッドの入射角をできるだけシャロー(ゆるやか)にしたいということから、そんなアドバイスが生まれたともいえそうだ。

ただ、いずれにしても「横から払い打つ」意識が強すぎると、ボールの頭をこするような打ち方になりやすい。FWのトップに悩む人は、「打ち込む」意識で練習してみることをおすすめしたい。「ちなみに、FWのトップは「ボールを左にセットしすぎている」という単純な理由によっても起きる。FWはドライバーと同じウッドではあっても、ティーアップしていないのだから、ボールの位置はロングアイアンとほぼ同じでいい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*