なぜ、フェアウェイバンカーからは飛距離が出ない?

アベレージゴルファーのなかには、フェアウェイバンカーからのショットを苦手にしている人が多い。グリーンまわりのガードバンカーなら、「出すだけ、でもなんとかなるけれど、フェアウェイバンカーとなると“出すだけ。では、まだまだグリーンまで距離が残ってしまう。これでは、ボギーオンも難しくなってしまう。なぜ、フェアウェイバンカーからは飛距離が出ないのか?答えは簡単。ダフっているからである。これがフェアウェイや浅いラフなら、少々ダフっても「ちょっと噛んだ」くらいですむのだが、フェアウェイバンカーは砂の上だ。少しでもダフり気味にクラブが入ると、砂の抵抗は芝の比ではない。かくして、ヘッドは砂の一抵抗に負けて、スピードを失い、結果、ボールは飛ばないということになってしまう。さらに、フェアウェイバンカーには、アベレージゴルファーがダフりやすい条件がそろっていることも飛ばない理由だ。ひとつは、ボールを上げようとしたがることだ。

たしかにバンカーだからアゴはある。しかし、フェアウェイバンカーのアゴはそう高くはないはずだし、高かったとしても、アゴまでの距離があれば、特別な打ち方は必要ない。運悪く、アゴが近いのなら、アゴを越えるだけのロフトのあるクラブで打つだけの話。つまり、フェアウェイバンカーが苦手な人は、必要以上にアゴを恐れ、ボールを上げようとしてダフっているというわけである。

もうひとつは、クラブを短く持っていないということ。フェアウェイバンカーでは誰でも足場を固めるが、足場を固めればゴルフシューズが砂にも
ぐるから、その分、ボールとの距離が縮まる。その縮まった分だけクラブを短く持たなければ、ダフるのも当然だろう。というわけで、フェアウェイバンカーからは、*ボールを上げようとしない

*クラブを短く持つという打ち方がおわかりいだだけたはずだが、ここでは、さらに「ハーフトップ」を打つ方法を紹介しておこう。

8ヤード以内のアプローチショットでは、ハーフトップは致命的なミスになることがあるけれど、100ヤード以上残っている場合は、結果オーライ
というケースが多い。

なぜなら、ハーフトップとはいっても、スピンはかかっており、少々飛びすぎても、案外ボールが止まってくれるからだ。これがバンカーからのハーフトップなら、砂の抵抗を受けないから、ボールが飛ばないというゴルファーには、おあつらえむきのボールとさえいえる。

打ち方もシンプル。ボールをふだんより1個分右にセットするだけでいい。そして、ボールの赤道あたりにアイアンの歯を当てるつもりでスイングする。「上げよう」「打ち込もう」という意識は捨てる。ハーフトップが出る位置にボールをセットしたのだから、あとは手打ちにならないよう、肩を回してスイングすればいい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*