打ち方

なぜ、グリップは緩く握ったほうがいい?

グリップを握るときの強さ(グリッププレッシャー)については、昔から「小鳥を両手で包み込むときの強さ」とか「子どもの手を引くときの強さ」などという。もっと具体的に「思いっきり握りしめたときの力を心とすると、2か3くらいの力」のようにいわれることもある。
続きを読む

「パッティングにスタイルなし」というけど、原則はある?

振り子のようにストロークするそれがわれわれの考えるパッティングの大原則である。ボールをヒットするのは、パターのヘッドだ。そドの芯にボールが当たり、なおかつヘッドが狙った方向にスムーズに出ていけば、あとはラインの読みとタッチの問題になる。ボールを正しくヒットするためには、ヘッドが振り子のように動くのが一番いい。なぜなら、振り子はつねに同じ軌道を通るからだ。最初に打ち出したい方向にフェイスの向きを合わせたら、あとは手首をこねたりせずに、振り子のようにパターをストロークすれば、押し出したり、ヒッカケたりはしない。
続きを読む

なぜ、バンカーショットでは砂を爆発させる?

グリーンまわりのバンカーショットは、ほとんどの場合「エクスプロージヨン・ショット」、すなわち「砂を爆発させるショット」で対応する。ボールを直接打つのではなく、ボールの手前にヘッドを入れて、砂を爆発させる。その砂が飛び出す力でボールをグリーンに乗せようというわけだ。
しかし、なぜ、そんな方法をとらなければならないのか、あなたは、その理由について考えてみたことがあるだろうか。
続きを読む

なぜ、フェアウェイバンカーからは飛距離が出ない?

アベレージゴルファーのなかには、フェアウェイバンカーからのショットを苦手にしている人が多い。グリーンまわりのガードバンカーなら、「出すだけ、でもなんとかなるけれど、フェアウェイバンカーとなると“出すだけ。では、まだまだグリーンまで距離が残ってしまう。これでは、ボギーオンも難しくなってしまう。なぜ、フェアウェイバンカーからは飛距離が出ないのか?答えは簡単。ダフっているからである。これがフェアウェイや浅いラフなら、少々ダフっても「ちょっと噛んだ」くらいですむのだが、フェアウェイバンカーは砂の上だ。少しでもダフり気味にクラブが入ると、砂の抵抗は芝の比ではない。かくして、ヘッドは砂の一抵抗に負けて、スピードを失い、結果、ボールは飛ばないということになってしまう。さらに、フェアウェイバンカーには、アベレージゴルファーがダフりやすい条件がそろっていることも飛ばない理由だ。ひとつは、ボールを上げようとしたがることだ。
続きを読む

なぜ、トップしてしまう?

トップはダフリとは正反対の理由で起きると思われがちだが、じつは多くの場合、原因は同じ。トップは、ダフリ同様、右肩が下がることによって起きることが多い。
ただ、トップの場合は、「ボールを上げよう」という意識も強く働いているため、右肩が下がるだけでなく、上半身が起き上がってしまっている。よ確にいえば、ボールを上げようとして身体の左サイドが伸び上がり、左り正肩が上がってしまう。つまり、相対的に右肩が下がっているわけだ。いずれにせよ、これではヘッドがボールに届かずトップしてしまうのも当然。ゴルフのビギナーがしばしば空振りをするのも同じ理由で、彼らはボールをひたすら上げようとして、身体の左サイドが、これでもかというほど伸び切ってしまう。そして空振りするわけだ。「プロのアイアンショットがダウンブローでもボールがよく上がるのは、クラブにはロフトがあるから、ロフトのついたヘッドでボールを長く押し込むようにインパクトすることで、十分なバックスピンがかかる。だから、プロのアイアンは2段ロケットのように低く出て、高く上がるのである。「つまり、ボールを上げるのはクラブ(ロフト)の仕事であって、ゴルファーがみずからボールを上げようとする必要はまったくない。トップしやすい人は、実際のボールの先にもうひとつ仮想のボールをイメージし、そのボールを打つくらいのつもりでスイングしてみるといい。
続きを読む

なぜ、「手打ちはダメ」といわれるのか?

「手打ちは曲がる、飛ばない」おそらくほとんどのゴルファーが耳にタコができるくらい聞かされてきた言葉だろう。「手打ち」とは、簡単にいうと、身体の回転を伴わない腕を主体としたスイング、あるいは身体は回転していても腕と同調していないスイングのこと。すでに述べたように、ゴルフのスイングとは、まず身体が回り、次に身体の回転に同調して腕が回る。そしてその腕の先にある手が握っているクラブが回転する。いってみれば腕や手には主体性はなく、身体の回転に合わせて振られているだけ、なのだ。これは、よくたとえられるように、デンデン太鼓から伸びている糸と丸い球に似ている。糸(腕)と丸い球(ヘッド)には、太鼓を叩こうという意思はない。ただ、太鼓の軸が回転すると、それに同調して回転を始め、太鼓を8叩く。それも軸の回転と少し遅れてだ。これなど、まさにタメで、なるほどデンデン太鼓は、ゴルフのスイングそっくりである。
続きを読む